安心して使える天然成分「グリチルレチン酸2K」

安心して使える天然成分「グリチルレチン酸2K」

 

グリチルレチン酸2Kという言葉をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

 

コスメマニアの方や、お肌がデリケートで化粧品の成分を細かくチェックしている方なら聞いたことくらいはあるかもしれませんね。

 

グリチルレチン酸2Kというのは漢方でもよく聞く甘草の根や茎に含まれている有効成分グリチルリチンの誘導体です。

 

この成分の特徴としては、抗炎症作用や抗アレルギー作用が優れているという事が挙げられます。

 

特に抗炎症作用は強く、医薬部外品の有効成分でありグリチルレチン酸2Kが多く配合されている化粧品などは医薬部外品になっています。

 

また油脂に溶けやすい成分なので、乳液やクリーム、オイル系の化粧品によく使われています。

 

天然成分のため、使用感も良いという点で配合される事も多い様です。

 

お肌への影響や期待という点では、肌荒れ防止やニキビ予防などに効果があると言われています。

 

その為、ニキビ対策の化粧品であったり、敏感肌用のスキンケア用品に抗炎症作用を目的として含まれているんです。

 

また紫外線による炎症を抑えるという働きもしてくれるので、エイジングケア用の美白作用を期待して美白化粧品に使われる事も多いです。

 

天然由来なので、長期的に連続で使用しても副作用の心配はほぼ無いとされています。

 

皮膚刺激性や毒性はなどはほとんど報告されておらず、アレルギーの心配も少ない安心して使える成分です。

 

ステロイドと似た構造を持つ成分なので副作用を心配される方が多い様ですが、ステロイドとは違って免疫抑制作用はありませんし、医薬部外品や化粧品に配合されている濃度は法律で決められており低いので、ステロイドの様な副作用やリスクを心配する必要は無いとされています。

 

ですが、誰にもアレルギーや副作用がが起きないという訳ではないので敏感肌の方はパッチテストを行ってからの使用をおすすめしますし、使用後にお肌に合わないと感じた際は使用の中止をおすすめします。

 

 

トップページ

page top