イビサクリームの美白成分トラネキサム酸とは

イビサクリームの美白成分「トラネキサム酸」の効果とは?

 

女性の美容にとって最大の敵とされているシミですが、市販の化粧品や薬では思うような効果がなかなか出ません。

 

そんな時に、病院の皮膚科を受診すると処方される薬が「トラネキサム酸」を成分とする飲み薬「トランサミン」です。

 

実際に、トラネキサム酸は美白に対する有効成分であることが厚生労働省から認められており、シミや肝斑の治療への使用が可能となっています。

 

現在では、ジェネリック医薬品としてのトランサミンも出されています。

 

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種です。

 

そのトラネキサム酸には炎症や血液の凝固に関わる因子であるプラスミンという物質の働きを抑える効果があるため、元々は炎症性の疾患や止血剤として開発されました。

 

ところが、その後の研究でプラスミンの働きを抑制することが、同時にシミの原因となるメラニン色素の生成の抑制に繋がることがわかり、肝斑などのシミ治療への効果が確認されました。

 

なお、ビタミンCがメラニン生成の抑制作用を持つことが分かっていることから、シミ治療ではトランサミンと一緒にビタミンCを成分とする「シナール」という薬を利用されることが多くなっています。

 

つまり、同時に使用することで、美白の相乗効果を図ります。

 

主に以下のような効果が期待されています。

 

・出血傾向の止血
・扁桃腺や喉の炎症
・口内炎
・蕁麻疹など

 

メラニン色素を抑制する効果

シミができるのは、肌を守る役割をする黒い色のメラニン色素が原因になっています。

 

例えば、海水浴で陽に焼けると肌が真っ黒になりますが、それは肌を炎症から守ろうとして、メラニン色素が多量に分泌され、それが肌に沈着したからです。

 

肌が傷ついたり、炎症したりした後に赤黒くなるのはメラニン色素が沈着した跡です。

 

従って、メラニンの生成を抑制することが、色素沈着の改善効果を発揮します。

 

イビサクリームにもトラネキサム酸が入っているため、美白効果が期待できるということになります。

 

トラネキサム酸の使用上の注意

トラネキサム酸は美白効果以外にも以下のようなことに作用します。

 

従って、使用する前には医師からのアドバイスを受けることが肝心です。

 

 

トップページ


page top